沿革

年次 項目 備考
1900 明治33年 3月 近江度量衡株式会社創立
(衡器販売と製作免許の申請)
大津市港町第44番屋敷
(資本金2万円/発起人27人)
  初代社長 池田仙右衛門
1904 明治37年 3月 衡器製作免許 免許第619号
  会社記号登録
1905 明治38年 1月 工場移転(仮) 大津市元会所町15番地
1906 明治39年10月 2代社長 西村市良右衛門(初代)
  工場、本社移転 大津市鍛冶屋町24番地
1915 大正 4 年 4月 3代社長 千田伊兵衛(初代)
1925 大正14年12月 4代社長 西村市良右衛門(2代):西村英男
1937 昭和13年 4月 5代社長 千田伊兵衛(2代):千田淳三
1943 昭和18年10月 本社建物再建 昭和17年火災により建物焼失
1944 昭和19年 2月 戦時特需生産 軍事用計量はかり他製造(海軍、陸軍用)
1945 昭和20年 8月 終戦 企業整備令発令
1946 昭和21年 3月 米軍用バススケール契約 10,000台(野洲工場拡充)
1951 昭和26年 6月 新計量法 メートル法
1959 昭和34年 4月 営業車やトラックを自社所有
1961 昭和36年 1月 草津工場完成 草津市東矢倉3丁目11番7号
1961 昭和36年 12月 6代社長 服部喜久次郎
1973 昭和48年 2月 鉄鋼施設事業部開設 建設業の許可 般 47-118号
1973 昭和48年 10月 大阪衡器と吸収合併(大阪営業所及び大阪工場を開設) 明治26年から約80年間大阪はかり業界の名門で兼松傘下の大阪衡器株式会社を吸収合併するとともに同上の業務を引き継ぎ大阪市内に当社の大阪工場を開設し、社員とその設備を収容して操業を開始した。
1974 昭和49年 4月 海外への計量器輸出 国内の大企業と連携を強くし、ポーランド、ソ連、インドネシア、韓国、台湾、アメリカなど海外へ多くの特殊計量器や計量装置を輸出する。
1975 昭和50年 4月 東京営業所開設 東京都新宿区
1976 昭和51年 1月 電装システムの拡充 社内のコンピュータ、ハードウェア、ソフトウェアなど電装関係の拡充整備を完了する。
1980 昭和55年 3月 総合工場新築 草津工場増設(創立80周年記念)
1981 昭和56年 7月 札幌営業所開設 札幌市北区北七条西
1982 昭和57年 6月 本社社屋の改築 本社の新社屋を改築し、社員の教育研修体制を更に充実する。
  帯広駐在所開設 帯広市西18条南
1986 昭和61年 7月 大阪営業所用ビル購入 大阪市中央区本町
1987 昭和62年 9月 7代社長 平野 將
1988 昭和63年 1月 仙台出張所開設 仙台市青葉区
1991 平成 3 年 1月 久留米出張所開設 久留米市長門石
1992 平成 4 年10月 新潟出張所開設 新潟市堀之内南
  韓国近江度量衡(株)設立 韓国京畿道富川市
1993 平成 5 年 1月 草津工場の改築 草津本社工場を近代的な4階建工場として改築竣工し、最高の技術革新体制をすすめる。
1996 平成 8 年 9月 マレーシア事務所開設 クアラルンプール
1997 平成 9 年 1月 上海事務所開設 中国、上海市虹中路
1999 平成11年 8月 日本農業施設学会 技術賞受賞(内外部品位判定選果システム)
2000 平成12年 1月 ISO9001取得(認証登録JQA-QM4385号)、創業100周年記念事業
2001 平成13年 4月 農業機械学会 功績賞受賞
2006 平成18年 9月 資本金を1億5千万円に増資
2006 平成18年 11月 本社移転 草津本社工場所在地に移転
2008 平成20年 9月 タイ近江度量衡設立
2009 平成21年11月 平野 將社長 旭日双光章受章
2012 平成24年 6月 会長 平野 將
  8代社長 田中秀康
2013 平成25年 3月 本社工場増設着工
2014 平成26年 9月 資本金を2億円に増資
TOP